【被爆対策】食にも気を配ろう - ≪通販生活大好き主婦の≫勝手にピカイチ事典♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

【被爆対策】食にも気を配ろう

福島の原子力発電所の作業も、一進一退という感じで、日々放射能の拡散状況がニュースで伝えられていますね。

やはり一番怖いのが放射能のよる被爆ですが、もしも被爆してしまったらこれを食べてね、と友達から情報をもらいました。

=========転載ここから===========

◆過去の広島や長崎の前例から◆

×砂糖類は摂らない。水分は控える。
○塩を努めて摂る。海藻、味噌、玄米を摂る。

※玄米にすり黒胡麻塩がよい。

▼放射能は体を冷やす極陰性。自然治癒力が働くように、

△体を温めてくれる、陽性の食物を摂る事。
△そして、放射能を排出する働きのある食物を、努めて摂る事。

●放射線を中和する食品をお探しの貴方へ

放射能は極陰性なので、焼き梅干、玄米、昆布、で中和されるようだ。
広島原爆の時も知識ある人は、焼き梅干で中和したと文献にあるそうです。

●摂取してはいけないもの

砂糖、小麦粉、牛乳を摂取しない事で 放射能被害の症状悪化は防げるので
しょっぱいもの、塩気のものを取ってください。

「爆弾(被爆)をうけた人には塩がいい。 玄米飯に、うんと塩をつけてにぎるんだ。
塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。 そして、甘いものを避けろ。 砂糖は絶対にいかんぞ」

(秋月辰一郎著 講談社刊・絶版「死の同心円-長崎被爆医師の記録」より)

1945年長崎に原爆が投下されました。
その中で、爆心地から1km程度にあった聖フランシス病院の内科部長、秋月博士の体験されたことが、 下記URLで紹介されています。
過去の経験を活かすためにも、是非ご覧になってみてください。

原爆で被爆しても原爆症が出なかった人たち―3

秋月博士や救助にあたった方すべてが、強烈な放射能を浴びながらも原爆症になることはなく、秋月博士は最近まで、ご存命でした。

それは、玄米、味噌汁、昆布などの海草類からなる伝統的日本食を摂ることによって、体内の毒物を排出することができたからです。

一般に塩辛いものは身体に悪いとされていますが、強烈な放射能に晒された非常事態の下では、秋月博士は味噌汁は塩分を濃くし、できるだけ辛くするように指導しました。

そして甘い砂糖の使用は、一切厳禁とした食事の結果、救助に当ったすべての人が放射能の被害から免れることができたとのことです。

=========転載ここまで===========

マクロビオティックや正食になじみのある方は、「やっぱり玄米と発酵食品だね!」と言われると思いますが、つまりは体内のバランスを取り、免疫を上げて体内に入った放射能の影響を極力抑える、ということですね。

最近、お釜で炊いたお米がおいしくって、5分搗き米ばっかりでしたが、久しぶりに玄米食べたくなりました☆
玄米炊くんだったらやっぱり圧力鍋がいいですね~(*^-^*)

玄米をおいしく炊ける圧力鍋といったら⇒やっぱりコレですね!


↓人気のある「雑貨ブログランキング」はこちらから♪
にほんブログ村 雑貨ブログへ

コメント
非公開コメント

にほんブログ村 雑貨ブログへ

トラックバック
Copyright © ≪通販生活大好き主婦の≫勝手にピカイチ事典♪ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。