ランキング8位/シーワン浄水器VSシーガルフォー比較 - ≪通販生活大好き主婦の≫勝手にピカイチ事典♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タグキーワード
  • No Tag
--.--.--|コメント(-)トラックバック(-)Edit

ランキング8位/シーワン浄水器VSシーガルフォー比較

2010年度ランキング8位は、電力関連装置では世界一のシェアを誇る、日本ガイシ製浄水器「シーワン」です。


ファインセラミックフィルター浄水器 C1(シー・ワン)CW-101(BK)


紙上では、水には一言をお持ちの直木賞受賞作家、山本兼一氏が紹介しておられました。

カタログハウスおススメの浄水器といえば、何と言ってもシーガルフォー!と思い込んでいた私。普段飲み物といえば水しか飲まないので、水の味にはかなりウルサイ方だと思います。そんな我が家には、通販生活で購入したシーガルフォーが、まだまだ現役で頑張っております。

なので、シーガルフォーが誌面から消えたときのショックといったら…(T_T)
もー、それはそれは、かなりショックでした。
あんだけさんざんプッシュしてたのに、あっさり切り替えるかー!?(泣)

でも、その辺りの潔さが『通販生活』ならではなのかな、とようやく最近納得出来るように。(少しは大人になったのかな?(笑))

まあ、あれだけ売りまくってた商品を切り替えるんだったら、やっぱりそれ相応の理由があろう!と思って、口コミなど調べてみました☆

◆シーワンのここがスゴイ!◆
○ファインセラミックフィルターが99.999%の細菌を除去
○高性能活性炭が鉛、トリハロメタンを除去
○フィルター交換お知らせ機能がついている
○徹底したリサイクル型浄水器(もちろん無料回収サービス有り)
 ⇒ファインセラミックフィルター:耐火レンガやタイル、陶磁器などに
 ⇒活性炭・プラスチック部品:建築壁材の調湿材、樹脂製の植木鉢などに
○カートリッジの交換前と交換後で、水の味がほとんど変わらない
(交換前直前まで、浄水能力に衰えがないということですね)

それに、なんと言っても、日本製というところがスバラシイ。
ボディのステンレス部分も、手作業でないと丸い形にならないそうで、全部手作業で作っているそうです。
世界に誇るトップクラスの日本の技術のコラボレーション!これは確かに応援したくなります☆

日本ガイシという会社は、冒頭でも書きましたが、元々電力用がいしでは世界最大手企業。旧社名を『日本碍子(にっぽんがいし)』と言って、かの有名陶器メーカー・ノリタケカンパニーから分割設立された会社だそうです。

そして、気になる言葉「がいし」とは、
電線とその支持物とのあいだを絶縁するために用いる器具
のこと。(出典:ウィキペディア

その技術を確立するのに必要となったのが元々のお家芸だった窯業技術で、そこから応用したセラミック技術を発展させ、一般的に広く普及させるために取り組んだのが浄水器製造。
その時に要となったのが、シーワンの売りであるファインセラミックフィルターという技術だった訳ですね。

その辺りのコンセプトは日本ガイシHPの開発物語に詳しく出ております。
お水フリークの私的には、かなり興味深く、ためになるお話です。
⇒C1誕生秘話~おいしくて安全な水を求めて

そして、シーガルフォーとの比較記事を検索していたらシーワンのモニターをされた方の記事がありました。
かなり詳しくレポートされてますので、こちらもぜひご覧になってみてください。
⇒Still Life Talking

という訳で、ヤバいです。なんだか私もシーワンが使いたくなってきました(笑)
次回のフィルター交換の時には、俄然買い替え検討してみたいと思います。

楽天で最安値&一番評判のいいショップはこちら!
⇒日本ガイシ 浄水器 C1(シー・ワン) CW-101 (BK)ブラック

↓人気のある「雑貨ブログランキング」はこちらから♪
にほんブログ村 雑貨ブログへ
関連記事

コメント
非公開コメント

にほんブログ村 雑貨ブログへ

トラックバック
Copyright © ≪通販生活大好き主婦の≫勝手にピカイチ事典♪ All Rights Reserved.
当サイトのテキストや画像等すべての転載転用・商用販売を固く禁じます
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。